<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

writing note vol.2 完成しました。

『writing note』フリーマガジン版 vol.2がついに完成しました。

今月の内容は
・練習で行き詰まった時の対処法は?
・大音の☆めがねさん (クラリネットの4年生)
・手紙の書き方 (門下発表会のお知らせを送る時)
・あなただけにそっと教える レポートの言葉づかい 
・6月の演奏会情報
です。

練習で行き詰まった時の対処法は、学生や先生方にインタビューし、まとめたものです。
先生方はじめ、他の学生の息抜き方法を知ることで、
今後の参考になることがあるかもしれません。

今月中には印刷する予定なので、手に取って見てみてください。
配布場所は下記になります。
・ぱうぜ1階 PC横
・K号館1階
・O号館1階
・キャリア支援センター
・研究事務部門
・音楽の仕事情報館
・日本語ライティング支援室

なお、このフリーマガジンでは学生の演奏会情報を掲載しています。
掲載を希望される学生は
・日時
・場所
・演奏者
・曲名
・作曲者名
・入場料の有無
・問い合わせ先
・一言コメント (日本語ライティング支援室的には一番大切!)
を書いて日本語ライティング支援室までお越し下さい。
メールで連絡いただいても構いません。
よろしくお願いします。

日本語ライティング支援室
H号館304号室
月〜金 10:00〜18:00
mail daion304@gmail.com

今日は少しまじめな投稿を心がけたスタッフM
[PR]
by daion3304 | 2011-05-30 10:44 | 制作にっき

サーモン持論。

a0201203_172913.jpg

ランチの時間、皆さんはどこで過ごしていますか?
日本語ライティング支援室のスタッフは、
学生食堂ぱうぜではなく、外に出かける事が多いです。

今日向かったのは商店街の中にある回転寿し屋さん。
ちょっと遠いですが、行く価値ありです!!
安くて美味しい!!

最初に取ったのはサーモン。

・・・なぜサーモンなのか?
マグロでもなく、アジでもなく、タコでもなく、鯛でもなく、カニでもなく、巻きものでもなく
(そろそろクドイ)サーモンを選んだのか。

わたくし。国内外問わず色んなところに行きましたが、
そこで出た持論がひとつあります。(少ない)
それは

「サーモンとじゃがいもに国境はない。」

ということ。(きっぱり断言。なぜかエラそう。笑)
意味は簡単。
どの国で食べても、どんなお店でも
サーモンとじゃがいもはそこそこのクオリティーなんであーる。
むちゃくちゃヒットすることはないが、失敗することはない。

だから私は、
海外でメニューを決めるとき。
または今日のように、ランチという少ない金額の中で、
1カンたりとも外せない状況のとき。
絶対サーモンとじゃがいもを頼みます。

っと、話しが幾分ずれてしまいました。
庄内の飲食屋さんの話しをするはずが、
ついつい私の持論を展開してしまうことに・・・

お店の話はまた次の機会で。

今日は珍しくワンピースではなかったスタッフM
[PR]
by daion3304 | 2011-05-26 17:34 | 日々つれづれ

pとppのあいだ。

本やレポートなどで、少ししっかりした文章などで、
p.8やpp.9などの記号を見かけたことはありませんか?

これって、何が違うの?そもそも、pってなに?と思い、スタッフS調べてみました!

まず、pはpage(ページ)のことでした。
で、pとppの違いですが、ページの複数形かそうでないかの違いです。

たとえば、「30ページ」という場合、p.30 と書きます。
「30ページから31ページまで」という場合、pp.30-31 と書きます。

ジーニアス英和辞典 第3版(p.1345)を見ました。
[PR]
by daion3304 | 2011-05-26 17:05 | ことばの話

表紙完成!!

a0201203_1314877.jpg

『writing note』フリーマガジン版の表紙が完成しました。
今週末には学内に設置します。
手に取って見てみてください。

先月の表紙はヤギさんだったので、
a0201203_15345314.jpg

今月はアルパカにしてみました。(イミはありません・・・)

ワンピ好きのスタッフM
[PR]
by daion3304 | 2011-05-23 13:14 | 制作にっき

レトロ印刷のワークショップに参加してきました。

休日のこの日、レトロ印刷JAMさんのワークショップに参加してきました!
現在、日本語ライティング支援室のフリーマガジンは、H号館304号室のプリンターで印刷し、
製本まで行っているのですが、プリンターの関係上、赤と黒しか色が出ないのです・・・
前回は赤色の表紙、今回は黒色の表紙でなんとかがんばりましたが、
来月号からどうするべきか・・・
そこでレイアウトデザイン担当のスタッフM、一念発起して外注に出すことを考えました!
(と、そんなに偉そうにすることでもない)

そこで白羽の矢が立ったのが「レトロ印刷JAM」さん。
なにせあまり予算がない。でもかわいく仕上げたい。
そんな当室にぴったりなのが「レトロ印刷」という印刷技術。
今回のワークショップはその「レトロ印刷」の体験講座でした。

場所は中崎町。おしゃれです。しゃれてます。
入ったら、今まで制作されたフライヤーがたくさん並んでいました。
a0201203_1544784.jpg

今回参加したのは6人。
皆さんイラストレーターのようスラスラ絵をお書きになり、焦るM。
何せ、PCは使いこなせても、手書きは大のニガテ・・・

そこで文字をデザインしてごまかしてきました。
そう・・・バレる前に先に言ってしまいますが、
今度のフリーマガジンの表紙デザインをパクりました。笑

2色の印刷の場合、2つの黒い原稿が必要です。
今回作ったのはこちら。
a0201203_155631.jpg

これを緑と黄色の2色で印刷した完成形がこちら。
a0201203_1552977.jpg

「クラフト紙バージョン」と「わら紙バージョン」の2つ。
紙の色と、選定する色を組み合わせで、
同じデザインでもバリエーションはたっくさん。

水性インクなので、手につきやすく、
このままではフリーマガジンを制作するのは難しいのですが、
色落ちの少ない紙やインクを選ぶなどして、
来月から、使用するかもしれません。

乞うご期待!!

ワンピ好きのスタッフM
[PR]
by daion3304 | 2011-05-21 15:03 | 制作にっき

遠まわしに言うこと。

今日、電車で出勤途中に
「車内ではお化粧や飲食、荷物や新聞などの扱いにご注意ください」

という注意書きを見ました。

何を注意すればいいの?と思った私はふと考えました。

相手に何かをしてもらったり、要求する時に使える表現というのはたくさんあります。

たとえば、窓を開けてほしい場合。

1.窓を開けて。
2.窓を開けてください。
3.窓を開けてくれますか。
4.窓を開けてくれませんか。
5.窓を開けてもらえたらうれしいです。
6.今日は暑いですね。

他にももっともっと言い方はあるでしょう。
相手のすること=「窓を開ける」を直接表現するのは、相手の領域を侵害することになり、ぶしつけになります。

2は、1を少し丁寧に表現した形。
疑問の形を使った3、4は相手に選択の余地(はい、いいえ)を与えることになるため、
失礼さが軽減されます。
4はさらに、否定形を使っているので、相手が断りやすくなるという意味で3よりも丁寧です。

5は窓を開けてくれたら私がうれしい、ということで、相手のすることへの直接の言及がされていないため、より配慮した形になります。

6は、もう窓の話も出ていません。相手が「暑い=窓を開ける」という発想にたどり着いてくれるのを待っている状態です。察しのいい相手だと、窓を開けてくれるかもしれませんし、気が付かない相手だと、きっと窓は開けられないでしょう。

このように、遠まわしの表現、相手の判断や察しをあてにして頼む表現が、あなたの自由を邪魔しない、つまり、相手への心配りを表現していることになります。
そして、この表現は相手と自分の関係や頼む内容などによって、変わります。
友達や家族だと、1になりますが、先生だと6を使ってみたり…。

ただし、あまりにも遠まわしの表現だと、相手が何を言われているのかわからない、という場合もあります。

今日は暑いですね。よろしくお願いします。

何を?という感じ。
そこで、冒頭の話に戻るのですが、
「車内ではお化粧や飲食、荷物や新聞などの扱いにご注意ください」という表現は、

化粧したり、何か食べたりするのはやめてください、と言いたいけれど、はっきりとは言えない…という企業側の葛藤が垣間見えるように思います。
[PR]
by daion3304 | 2011-05-19 17:36 | ことばの話

鋭意制作中。

ただいま、『writing note』フリーペーパー版を作成中です。


『writing note vol.2』 のおすすめ記事は、
■手紙を書こう~ 大音生からの手紙
■大音のみなさんに聞きました。あなたのリラックス法は?  

です。

「疲れたーと思ったとき、どんなふうに息抜きをしますか?」
ということを学内でインタビューしておりますので、その際はご協力をお願いいたします。


みなさまは、最近手紙を書いたのはいつですか?

私は最近、一筆箋で手紙を書くことが何度かあったのですが、
一枚の手紙を書くのに何度間違えるのかというくらい間違えました。

内容を考え、下書きをしてもそんな状態なので、私がうっかりという可能性も大いにあるのですが、
手書きというのは本当に手間がかかるものだとしみじみ感じました。

そんなことがあってから、人からもらった手書きの手紙をいただくと、
送り主さんの手間がかかったものなんだなぁと思い、なんだかありがたい気持ちになりました。
[PR]
by daion3304 | 2011-05-16 18:07 | 制作にっき

演奏会に行ってきました

昨日、仕事のあと、演奏会『The Orange』に行ってきました。
テューバ、マリンバ、コントラバスのソロ曲、アンサンブル曲がありました。

音楽に明るくない私は、ピアノ以外のソロ曲をあまり聴いたことがなかったので、
色んな曲があるんだなぁ、というのが単純な感想。

そんでもって、演奏ってこんなに体全体を使うんだなぁと思いました。

最後に、メンバー全体で曲を演奏していたのですが、メンバーのみなさんが楽しそうに演奏していたのが印象的でした。

ホール全体がほんわかした雰囲気に包まれていたと思います。
[PR]
by daion3304 | 2011-05-12 14:12 | 日々つれづれ


大阪音楽大学 日本語ライティング支援室のブログです。


by daion3304

プロフィールを見る
画像一覧

日本語ライティング支援室 Webサイト
日本語ライティング支援室 ツイッター

カテゴリ

全体
当室のご案内
お知らせ&活動報告
ことばの話
制作にっき
授業見学
日々つれづれ
学生記者
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

画像一覧

その他のジャンル