人気ブログランキング | 話題のタグを見る

対面相談を再開しました! ※Zoom、メール相談も継続中!

対面相談を再開しました! ※Zoom、メール相談も継続中!_a0201203_11302595.jpg
10月に入り、朝晩が冷え込むようになってきましたね🍁
皆さん体調に気をつけて過ごしましょう。

さて、当室は緊急事態宣言の解除に伴い、対面相談を再開しました!
Zoomやメールでの対応も継続していますので、体調やご都合に合わせて選択してくださいね。
以下でそれぞれの利用方法を詳しくお伝えします📝

■場所:H号館3階 304号室
■開室曜日:月曜~金曜
■開室時間:10:00~18:00

【対面相談(直接来室)】
「書き方がわからない…」「字数が埋まらない…」といった相談から「添削してほしい」という要望まで、なんでもOKです。
気になることをその場で聞けるので、安心して相談できます。メモ作りなども一緒にできます。

予約はこちら (※予約は前日まで)
・「相談方法」から「直接来室」を選択してください。
・受付完了後、自動で受付完了メールが届きます。
・予約時間になりましたら、H304号室までお越しください。
・当日発熱や咳のある方は来室をお控えください。ご連絡いただければ、メールやZoomに変更することも可能です。
・事前の検温、入室時のマスク着用、手指消毒をお願いします。

【Zoom相談】
対面と同じようにスタッフと話しながら進めたいという方におすすめです。

予約はこちら (※予約は前日まで)
・「相談方法」で「Zoom」を選択してください。
・受付完了後、自動で受付完了メールが届きます。
受付完了後、別途メールにてログイン用URLと注意事項をお送りします。
・画面共有等の機能を使用するため、パソコン推奨です。

対面・Zoom相談について
★予約後のキャンセルも可能です。受付完了メールからキャンセルし、再予約できます。
★1コマ45分となっていますが、希望に応じることが可能です。ご相談ください。
★メモができるように、筆記用具・ルーズリーフ等をご用意ください。


【メール相談】
ある程度の下書きができている人や、添削でのアドバイスに慣れている人におすすめです。(文章のみのやり取りになります)
アドバイスをお送りするのに時間がかかるため、返信が翌日以降になることがあります。お急ぎの方はご注意ください。

相談フォームはこちら
★大学のメールアドレスでログインしてください。
★開室時間内に受付完了メールをお送りし、その後改めてアドバイスをお送りします。

-------------------------------------
相談方法を切り替えたい、フォームからの申し込みがうまくできない、受付完了メールが届かない…等のお問い合わせは、以下のアドレスにお願いします。
問い合わせ:daion304@gmail.com

Twitterで毎朝10時ごろ受付状況を更新していますので、ぜひご確認ください♪

# by daion3304 | 2021-10-06 13:25 | お知らせ&活動報告

学生記者さんを募集します!

日本語ライティング支援室では、

フリーペーパー『writing note』の学生記者さんを募集します。


昨年度は新型コロナウィルスによる影響で、学生記者活動を行っていませんでしたが、

後期から約一年半ぶりに再開します101.png


学生記者さんを募集します!_a0201203_15575119.jpg


当室が発行するフリーペーパーは、学生記者さんが中心となって、

企画、取材、レイアウトデザインなど、記事作りを進めているものです。


思い描いたことを一つずつ形にしていくのは、やりがいがあって楽しいですよ。

必要に応じてスタッフがサポートするので、初めての人も大歓迎✨


記事作りは以下のような流れで行います。

※内容や扱うネタにより、多少の違いがあります。

学生記者さんを募集します!_a0201203_11464720.jpg

なんとなくイメージできましたでしょうか?


参加はお一人でも、お友達と一緒でも大丈夫。

記者さん同士の時間が合えば、一緒に活動するのもOKです。

※前回までの記者さんは卒業したため、現在ゼロからのスタートになります。


これまでのフリーペーパーは、コチラで公開しています。


■活動期間

10月〜2月(予定)

※1~2週間に1度ずつ、日本語ライティング支援室に来て、スタッフと一緒に記事を作っていきます。

※スケジュールは自分の都合で決められるので、

「来週は試験前なのでお休みします」「再来週はちょっと頑張る!」など、マイペースに進めていくことができます。

※状況や希望に応じて、オンライン(zoomなど)を併用することも可能です。


■申込方法

コチラから「フリーペーパー 学生記者」に申し込んでください。

※申し込み完了後、「完了メール」が届きます。

 届かない場合は当室メールアドレス(daion304@gmail.com)または、日本語ライティング支援室(H号館304号室)まで問い合わせてください。


■申込締切

10月21日(木)23時59分


<おまけ:これまでの記者活動の一コマを公開>

学生記者さんを募集します!_a0201203_15122471.jpg
スタッフと記事のデザインを考えたり…。

学生記者さんを募集します!_a0201203_12491676.jpg
もくもくと作業したり…
学生記者さんを募集します!_a0201203_12494254.jpg
取材のためにおでかけしたり…

とても楽しく活動していました!

 

企画をしてみたい人、アンケートをとって何か調べてみたいことがある人、

音楽以外の活動をしてみたい人、なんだか面白そうだからやってみたい人…

 

興味のある人は、ぜひ挑戦してみてくださいね177.png

ご応募をお待ちしています♪


# by daion3304 | 2021-10-06 13:14 | 学生記者

Zoom相談・メール相談のみ対応中です

9月も半ばとなり、秋めいてきました。

まだまだ新型コロナウイルスが猛威を振るっていますね。

不安やストレスが募る日々かもしれませんが、

おいしい紅茶を飲んだり、本を読んだり、家族・友人とテレビ電話をしたりするなど、

自分なりの「癒しの時間」を作ってみてくださいね☕


さて、後期授業実施に関する大学の措置をうけ、当室では直接来室での相談対応を当面中止することになりました。

Zoomとメールでの相談は継続しますので、そちらをご利用ください。

たとえば

頭の中のイメージが言葉にできず困っている時にはZoom相談でメモ作り

書いた文章を見てもらいたい場合はメール相談で添削

というように、使いやすいと思う方を選んでくださいね!


【Zoom相談】

予約フォームは こちら (予約は前日まで)

予約完了後、自動で受付完了メールが届きます。

受付完了後、別途メールにてログイン用URLと注意事項をお送りします。

※仕様上「直接来室」も選択可能になっていますが、「Zoom」を選択してください。

※画面共有等の機能を使用するため、パソコン推奨です。

※予約後のキャンセルも可能です。受付完了メールからキャンセルし、再予約できます。


【メール相談】

相談フォームは こちら

開室時間内に受付完了メールをお送りした後、改めてアドバイスをお送りします。

※大学のメールアドレスでログインしてください。

※アドバイスをお送りするのに時間がかかるため、返信が翌日以降になることがあります。

お急ぎの方はご注意ください。

<開室時間>月曜~金曜 10:00~18:00



★フォームでの申込がうまくできない、問い合わせをしたいといった場合は、以下のメールにご連絡ください。

daion304@gmail.com

<対応時間>月曜日~金曜日(10:00~18:00)


Twitterでその日の受付状況を更新していますので、ぜひご利用ください!


# by daion3304 | 2021-09-14 17:09 | お知らせ&活動報告

【就活相談所】音大生と就活⑦ 「全体のバランスを見てみよう」

≪就活相談所≫ 音大生と就活⑦
「全体のバランスを見てみよう」

こんにちは、スタッフSです。夏休みも残すところあと少しですね。充実した夏休みは過ごせましたか?
さて、これまで「自己PR」「志望動機」「長所や短所」「将来像」など、就職活動のエントリーシートでよくある項目について、書き方のポイントをお伝えしてきました。今回は、まとめとして「書類全体を見る」ということについてお話ししたいと思います。
【就活相談所】音大生と就活⑦ 「全体のバランスを見てみよう」_a0201203_17232017.jpg


就活のエントリーシートでは、「自己PR」「学生生活で力を注いだこと(ガクチカ)」「志望動機」が3大トピック。私たちも、アドバイスを求められることが多いです。
個々の項目を見つつ、注意しているのが「書類全体のバランスを見ること」です。
具体的には、
①エピソードに重複や偏りがないか②各項目で書かれていることに矛盾がないか③書き残したことはないか です。
それでは、例を挙げながら見ていきましょう!
【①エピソードの重複や偏りがないか】自己PR、力を入れたこと、志望理由…などのたくさんの項目を書くうちに、知らず知らずのうちに全く同じエピソードを繰り返してしまっていることがあります。
例えば、「気づけば自己PRでも、ガクチカでも、門下発表会の話になっている」ということもあれば、「日々の練習の話と、門下発表会の話、という感じで分けて書いたつもりが、結局どっちも似たようなものになってしまった。「音楽ネタに偏ってしまった。」
 このような状況に陥ってしまった学生さんから、「音楽関係の仕事ではないのに、音楽ばかりになってしまい不安です」という相談を受けることがあります。 話を聞いていくと、日々のレッスンに加え、自主演奏会にアルバイト、ボランティアやインターンシップなど、実は学内外問わず、様々な活動をしていることが多いです。このように、「せっかくたくさんの経験をしているのに、それをアピールできていない」というのはちょっと勿体ないな、とスタッフは思います。また、多くの学生さんが不安に思っているように、音楽に関係のない企業の場合だと、「本当に音楽しかしてこなかった学生さんを雇用しても大丈夫だろうか?」と思われる可能性も確かにあります。 そのような時の対処法として、音楽や授業のことはもちろん、アルバイトやボランティアといった学外での活動について書くというのも手です。大学に入学してから、どんなことに挑戦してきたかをじっくり思い起こしてみましょう。
ただ、中には「私は本当に音楽しかやってきませんでした」という人もいます。その場合は次のように考えてみると良いかもしれません。
「音楽活動を頑張った!」と一言で言っても、「練習で培った継続力」「アンサンブルで身に付いたコミュニケーション力」「沢山の舞台立つことで度胸がついた」など切り口を変えることで、話のポイントを変えることができます。音楽活動そのものをアピールするだけでなく、「音楽を通じて身に付けた力(社会に出て役立ちそうな力)」を軸に話を展開することで、多面的な自分をアピールできるとともに、説得力ある文章になりますよ。

②各項目で書かれていることに矛盾がないか何度もブラッシュアップを重ねるうちに、項目ごとに矛盾が生じてしまうことがあります。
過去に相談に来た学生さんが、自身の短所を書く項目では「短所は行動が慎重すぎるところ」と書いているのに、自己PRでは「新しいことに挑戦することが得意」と書いていたことがありました。
 「慎重に行動する私(短所)」と「新しいことにどんどん挑戦する私(長所)」は性質として逆のものですね。 就活を続ける中で、新たに自身の長所や短所、特性に気づき、書き直すこともあると思います。エントリーシートをブラッシュアップする際は、全体を見渡して矛盾が無いかを確認することが大切です。 ③書き漏れはないか「棚卸し」や「メモ作り」で出てきた自身の長所や、アピールしたいポイント、知ってほしいエピソードは書けていますか?「このエピソードは次の項目で使おう」「やっぱり自己PRのポイントを変更しよう」など、いくつもの項目を、調整しながら進めるうちに、書きたかったエピソードやアピールポイントを使い忘れてしまうことがあります。提出した後に、「使いたいと思っていたエピソードを、結局盛り込んでいないことに気づいた!」ということがないよう、「ネタ出し」に使ったメモやノートとエントリーシートを見比べながら確認しましょう。
【まとめ】日本語ライティング支援室では、エントリーシートや履歴書の相談があると、「書類全体を見せてもらえますか?」「ほかにどんな項目がありますか?」といった質問をすることがあります。全体を俯瞰し、一人一人の良さが伝えることを目指して、このような質問をしています。一つ一つの項目について「誤字脱字がないか」「不自然な日本語はないか」「筋が通っているか」といったことを確認するだけでなく。「全体を見渡す」というステップを踏むことで、書類の質がぐっと上がりますよ。

いいね!
コメントする
シェア

# by daion3304 | 2021-09-09 17:15 | 音大生と就活

【純喫茶ライティング①】手順がだいじ

こんにちは、日本語ライティング支援室のスタッフYです。

だんだん秋が近づき過ごしやすくなってきましたが、落ち着かない毎日が続きますね。
そこで、学生の皆さんとのんびり時間を過ごす場所として、喫茶店を開いてみました。

ここでは、文章の書き方や言葉に関することをつらつら語りたいと思います。
ぜひ気軽にのぞいてみてください。
【純喫茶ライティング①】手順がだいじ_a0201203_12322914.jpg

さて、本日は、文章を書く手順についてお話しようと思います。

みなさんは、文章を「よし書こう!」と思ったとき、真っ白な紙を前に途方に暮れたことはありませんか?
当室にも、「どうやって書き始めればいいのかわからない…」と悩む学生さんがやってきます。
いきなり一行目から書き始めて、最後までいっきに書き進められる人はめったにいません。まずは文章を書くための手順を知って、不安な気持ちをなくしましょう。

今回は、レポートに焦点を当てて
〈0、書き始める前に〉→〈1、メモ作り〉→〈2、構成〉→〈3、文章にしてみる〉→〈4、推敲〉
という手順をご紹介します。
この手順を覚えておくと、さまざまな文章を書くときの助けになるはず。
ただし、何を書かなければいけないのか、どんな構成が適しているのか、といった内容に関わる要素は文章の種類によって変わります。
そこで今回は、学生のみなさんが一度は取り組むことになるレポートについてお話します。


0、書き始める前に ~行き先を見定めよう~

まず、レポートのテーマやお題・締め切り・文字数・どこに提出するのか、といった条件をしっかり確認します。
たとえば…
・テーマ「○○○○について」
・締め切り 〇月×日
・提出先 △△先生 メール

のように、抜き書きのメモを作ってみましょう。手を動かすことで、少しずつ「書くモード」に入っていけますよ。

なお、レポートは、「問い」に対する「答え」を書くことが求められます。
問いは、「〇〇とは何か」「△△はなぜか」「××は良いか悪いか」のように「~か?」の形で示されます。

どんなことを問われているのか、このときに確認しておきましょう。
課題によっては、自分で「問いを立てる」ということをしなければならないこともあります。
そのテーマについて、先ほどお話しした「~か?」の形で「問い」を考えてみましょう。
今回は、「小学校で音楽の授業を行う際、一番大切なことは何か」というテーマのレポートを例としてお話していきますね。

1、メモ作り ~文章の材料を集めよう~

はじめにお話ししたように、真っ白な紙にいきなり文字を書いて、そのまま最後まで書き通せる人はめったにいません。
 
もし書き始めることができても、途中でもっと書きたいことが出てきたり、いつのまにか話がそれてしまったり…。
来室した学生さんの中にも、「書き始めたけど、自分で何が言いたいのかわからなくなってしまった…」と首を捻る人がいます。
 
そうしたことを防ぐために、「テーマに関連して考えたこと・調べたことを全部メモとして可視化しましょう。
箇条書きや、単語でも構いません。思い浮かんだ事柄を自由に書き出していきます。

例としたテーマ、「小学校で音楽の授業を行う際、一番大切なことは何か」について、手書きのメモを作ってみました。
【純喫茶ライティング①】手順がだいじ_a0201203_11595931.jpg
問いに答えるために、小学校の授業を思い出してみました。
特に印象に残っている合奏について、なぜ楽しかったのか、良いところは何かを考えて書き出しています。
「好きな楽器を選んだ→意欲が増した」「お互いの音を聴く体験ができる」「クラスメイト同士の交流が増える」…などなど。
箇条書きにしたり、「→」のような記号を使ったりして、自分にとって見やすいメモを作ってみましょう。


2、構成 ~文章の道順を決めよう

伝えたいことを読み手にスムーズに理解してもらうためには、文章の道順を整えなくてはいけません。
これが文章の「構成」です。

この道順は、文章の種類や、自分が書きたい事柄によって変わります。
レポートの場合は、最初に「答え(結論)」を書き、次に「根拠(具体例)」を書いていく構成が一般的です。

メモとして書いた事柄を、この構成に当てはめていきましょう。
やり方としては、まず、メモというバラバラの材料を整理します。書き出した言葉や文同士で、関係が近いもの同士をグループにしましょう。

たとえば、先ほどのメモなら次のように整理できます。

答え:「生徒の個性を尊重することが大切」
音楽全般について:「音楽は自分を表現することも大事だから」
合奏の授業について:「好きな楽器を選んだことで意欲が増す」「お互いの音を聴く体験ができる」
音楽の授業以外への影響:「クラスメイト同士の交流のきっかけになる」

「答え」以外の3つのグループは、それぞれ「根拠」にあたります。
グループができたら、先ほどお話しした道順に当てはめていきましょう。


3、文章にしてみる ~実際に書いてみよう~

メモ作りをしたことで自分の伝えたいことがはっきりし、構成を決めたことで文章の全体像が見えてきました。
ここで満を持して、実際に書いてみましょう!
 
この段階でよく聞くお悩みは、「書き出し方が難しい」「文と文のつなげ方がわからない」といったものです。
 
こんなとき、当室では型にはめてみることをおすすめすることが多いです。自分の考えを書くなら、「私は○○だと考える」、理由を書くなら「なぜなら△△であるためだ」のように、文の役割を意識しながら言葉を足していきます。
  

4、推敲 ~全体像を見直そう~

最後に、できあがった文章を読み直して整えていきましょう。
「問いにきちんと答えているかな」「書いているうちに、話が本題から逸れていないかな」など、伝えたいことが、テーマに沿ってしっかりまとまっているかどうか、確認します。

全体を音読してみるのがおススメです
声に出してスラスラ読めたら、完成ですよ!
 
長くなってしまいましたが、私はみなさんに、文章は提出まで何度でも書き直せるということを覚えておいてほしいです。「変な言葉づかいをしちゃうかも…」「伝わらないかも…」と思っても大丈夫!書き直しは当たり前のことなので、まずは手を動かしてみましょう

# by daion3304 | 2021-09-08 15:56 | 純喫茶ライティング


大阪音楽大学 日本語ライティング支援室のブログです。


by daion3304

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

日本語ライティング支援室 Webサイト
日本語ライティング支援室 ツイッター

カテゴリ

全体
当室のご案内
お知らせ&活動報告
ことばの話
制作にっき
授業見学
日々つれづれ
学生記者
音大生と就活
純喫茶ライティング
読みもの
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

画像一覧

その他のジャンル